ブログ

BLOG

  • 2022年2月

    • 2022年3月

      • 2022年1月

        • 2021年 12月

          • 2021年 11月

            • 2021年 10月

              • 2021年 9月

                • 2021年 8月

                  • 2021年 7月

                    • 2021年 6月

                      血糖値が下がったネコのケース
                      2021/08/23
                      札幌市中央区でフラワーレメディのカウンセリングをしています

                      あなたを解決する

                      「フラワーマインドセラピー」のルーチェの数瀬光枝です。




                      今日もご訪問ありがとうございます。


                      糖尿病になった猫ちゃんにレメディを与えたケースをお伝えします。


                      猫ちゃんの名前はみゅうちゃん。とても気が小さく、家族以外には威嚇、引っ掻く、
                      嚙みつくの3拍子の怖がり屋さん


                      4月21日に糖尿病と診断され治療を続けていましたが

                      6月中旬に緊急入院。

                      ところがみゅうちゃんは興奮し、凶暴に。
                      (猫は怒ってしまうと血糖値が上がってしまうそうです。)

                      退院し、家で1日2回のインスリン注射、毎週通院。
                      インスリンの量を増やしても血糖値が下がらないので、飼い主さんから何かいい
                      レメディがありませんかとご相談がありました。


                      みゅうちゃんの朝晩のご飯と飼い主さんにも一緒リカバリープラスを飲む事をお勧めしました。


                      7月25日にレメディを使い始めてすぐに反応が出て、血糖値が27に下がりました。
                      先生は、体重が2㎏瘦せたのでその結果だと言われたそうです。

                      毎日通院してインスリンの量を3→2→…0.5と減らしていき

                      8月7日インスリンを辞めても大丈夫と言われました。


                      さらに様子を見て8月21日血糖値は6.6。 安定しています。


                      と飼い主さんから喜びと感謝のご報告がありました。


                      糖尿病と診断されて、3カ月間インスリンの量を増やし続けていたのに

                      リカバリープラスを与えてたった2週間でインスリンを辞めることができました。


                      インスリン注射を辞めることができ、通院もしなくなり、飼い主さんの喜ぶ顔が目に浮かびます。
                      またみゅうちゃんも注射と通院のストレスから解放されて本当に良かったです。



                      今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
                      血糖値が下がったネコのケース
                      血糖値が下がったネコのケース